QUICPayクイックペイ上限額

私は普段、キャッシュレス決済方法として、

  1. 楽天Edy
  2. QUICPay クイックペイ
  3. PayPay ペイペイ
  4. 交通系ICカード決済
  5. クレジットカード決済

等を利用しています。お店で支払う場合は、キャッシュレス決済を導入しているところでは、上記の中から利用可能なものを選んでいます。

4.まではスマホ利用で決済し、上記4つが利用できないお店では5.のクレジットカード決済を選択します。どれも使えない場合はもちろん現金ですが。

昨日、娘と大切な行事のための服を買いに出かけました。

そのお店では、Edyは使えないことはわかっていたので、「クイックペイで」とお願いしました。

そして、いつものように端末にスマホをかざして決済しようとしたら、お店の方が申し訳なさそうに、

「すみません、利用限度額を超えていると表示されるのですが・・・」

とのこと。

え??限度額超えてる?

そんなはずはないんだけど・・・最近、数十万も使ったということもないし・・・と、一瞬いろいろ頭の中で考えましたが、とりあえずそこは、普通のクレジットカードで支払いをしました。

私は「絶対に、限度額を超えてるなんてことはないはず・・・もしかして不正使用されてる??」ということが頭の中をグルグル。

買い物を早々に済ませて、その後調べてみたのですが、わかったことは、

クイックペイの一回の支払い上限は2万円

だったのですね~(;^ω^)

昨日は3万を超える支払いをしようとしていたので、引っかかったようです。

原因はクイックペイの限度額でした。

QUICPay+ クイックペイプラス」に対応したお店で支払う場合は、クイックペイプラスの支払いに紐づけているクレジットカードの上限または、お店が設けている上限まで利用できるそうです。

私の場合、確認してみたら、「QUICPay+」になっていましたので、クイックペイプラスが利用できるお店では、2万円を超えても支払いができるようでした。

慌ててカード会社に電話してしまうところでした(;^ω^)

Edyは、一回のチャージ上限が2万5千円、チャージできる限度額は5万円です。

Edyのことはなんとなく頭にあったのですが・・・

一回の使用料を少額に抑えていることからして、大きな買い物というより、ちょっとコンビニやドラッグストアなどで買い物する時に便利ですよって感じなのですね。

知らないってダメですね。スマホに入れればいいってものではないんですね~。

ひとつ勉強になりました。



お読み頂きありがとうございます
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ